Top > 前立腺炎 > なぜ前立腺マッサージが必要なのか?

なぜ前立腺マッサージが必要なのか?

前立腺は男性の膀胱の下の部分にあり、尿道を覆うようになっている木の実と同じくらいの大きさの器官です。精液の一部を成している前立腺液の分泌と排尿のコントロールをしていますが、この部分で炎症が起きることを前立腺炎と呼びます。慢性前立腺炎は、長期にわたって繰り返され症状が軽くて熱が上がらない場合もある事から気づくことに遅れてしまう場合もあります。

 

前立腺マッサージをした場合前立腺の働きは良くなり、排尿しやすくなります。

温熱療法は前立腺を温める療法になり、前立腺の機能を高める効果の期待ができます。

加えてのぼせない程度にゆっくりと入浴をして意識的に下半身を温めることで、前立腺やその周辺に見られる症状を穏やかに抑える効果が期待できます。前立腺肥大に予防効果のあるサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)は、ノコギリヤシとペポ南瓜種子エキスが話題になっています。

 

ノコギリヤシには前立腺大などの抑制効果があり、海外では処方薬として認められているヤシ科の草木です。次のペポ南瓜の種には、西欧の古来から泌尿器系に効き目があるハーブとして飲用されていた植物です。ノコギリヤシのサプリは前立腺炎を楽にするか

 

 

 

診療機関での検査は指をおしりから入れての直腸診や尿検査・血液検査をおこないます。細菌感染の有無を確認する事で、細菌性前立腺炎あるいは非細菌性前立腺炎に分けられます。

 

どちらのケースであっても排尿痛であったり勃起障害、頻尿や残尿感の症状が出る場合もあります。悪化を防ぐためにも違和感をおぼえたら早めにお医者さんの診察を受けましょう。

 

 

前立腺のある場所は膀胱のすぐ下で、その前立腺の中に尿道が通っています。

 

 

 

男性だけにある器官になります。

 

精液中の前立腺からの分泌液は、精子の栄養になります。

若い頃の前立腺はクルミほどの大きさなのですが、成長とともに大聞くなります。前立腺でよくみられる病気として、前立腺肥大症・前立腺炎・前立腺癌などがあります。

慢性前立腺炎には身体的なストレスばかりか、精神的ストレスも深く関連しています。

 

痛覚や違和感が軽度だと思っていると、泌尿器の不快感を我慢してその不快さでストレスが増しもっと症状が悪化する負のサイクルが起こり、泌尿器科ではなく心療内科や精神科へ  通院される人もいます。

 

ここの所、日本の男性の中で前立腺がんが激増した原因は高カロリー、高脂質な欧米化された食事が確実に関連しているとされています。

 

その為、食生活に関してがん細胞の養分となり過剰に脂質の多い食事を避ける事が肝要です。慢性前立腺炎というのは、働き盛りの30代から40代の男性を中心として多くみられる病気です。

 

 

 

その症状は比較的に軽い場合も多いため、発症している事を自分では気付かないこともあるようです。

 

ですが放置していると幾度も再発するケースもあることから、体調の変化にまじめにむき合ってちょーだい。

前立腺炎

関連エントリー
なぜ前立腺マッサージが必要なのか?